私は明らかにミーハーではありません。

それはもう小さい頃からそう自覚していました。一つ夢中になることがあるとひたすらそればかりにハマる傾向があり、そのハマるものとはたいていの場合流行とはかなり外れているものです。流行には感心がなく、人に流されなく、まあ良い風に言えば自分をしっかり持っているのでしょうね。悪い風に言えば周りがあまり見えていない、でしょうかね。人にある程度気を遣っているつもりではありますけどね。少なくても人に害は及ぼすような人ではない自信はあります。PR:ストレスニキビ化粧水

 

ストレスニキビ用の化粧水

 

そこで、改めてミーハーとオタクの違いを感じさせるあることが頭の中に今あるのです。今年になってから、ネットでたまたま見かけた、ある女性シンガーソングライターのライブのことです。ネット動画でその人のライブ映像を見かけた私は、彼女の歌声と綺麗なピアノの演奏に惹かれ、是非ライブに足を運んでみたいと思いました。実はライブハウスに行ったことがない私でしたが、その人のために是非初めて行ってみたいと思ったのです。早速行けるすぐ次のライブの予約をネットにて行い、少し外れの位置にある珍しい場所にある小ぢんまりとしたライブハウスにその方のライブを聴きに行ったのでありました。PR:ストレスニキビ化粧水

 

と、実は行ってみたら発見したのがその方のライブのお客さんは私以外全員男性、それもなぜか50代前後の男性がほとんどだったのです。なぜでしょうね。もしかしたら70年代の懐メロのカバーをたくさん歌う少し古風なシンガーソングライターの方だからかもしれません。私のように若い女性はいません。でも実はよく見たら女性は他にもいたのです、二人だけ。年齢は40代後半ぐらいで、二人連れでした。お友達同士で来ていたみたいです。ずっとライブの途中も仲良く二人でお話していました。PR:ストレスニキビ化粧水

 

あれから何度もあの方のライブに行き続けていますが、合計3回あの二人連れの女性を見かけています。来るときには必ず二人で来るのですよね。片方で来ていることはありません。思うのですが、きっと一人で来るぐらいなら来ないことを選擇するような人たちだろうな、という印象を受けます。ロゴで有名なブランドだと分かるバッグをいつも持っていますし、いかにもミーハーっぽい感じです。あ、別に悪く言っているわけではありませんよ、こういう人もいても悪いことは何もありません。PR:ストレスニキビ化粧水

 

オタクの私は行きたいところには基本的に一人で行くし、誰かを巻き込むなんていう発想すらありませんね。好きなものは一人で楽しむのが結構好きです、自分だけのお楽しみの世界にしておくのが良いのです。ミーハーでもオタクでも好きなアーティストが同じ場合もあるのですね。ただ応援の仕方などでミーハーかオタクかで差が出ているのが分かります。PR:ストレスニキビ化粧水